DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ANAHEIM ELECTRONIQUE
tron最後の4日間『2009 散開 -ANAHEIM ELECTRONIQUE 4DAYS-』。
最後の東京2日間が終わって......しまった。

東京1日目は高円寺HIGHにて“KAJI FEST”。
カジさんが参加しているバンドが集結。

キュマバロウさんはtronの曲を、ミッチー参加でサプライズでカバー。
しかし...キーが違っても短時間対応で弾けるってスゴい!!(爆)
あ、いや、それって当り前なの。。。か。。。?(^_^;
で、これが良かった。思わず泣きそうになりました。。。

そしてトリのtron。
しかし曲中、突然にステージに崩れたシブジュン氏。

えぇ、思いました。泣き崩れたのだろうと(^_^;
だって......(以下省略...笑)
いや、いつも彼から貰って泣く割合、多いですからして。。。

しかし、ちょっと様子がおかしい。
“苦痛に顔を歪め”というのはこういうことだ、という感じで
立ち上がれず、ギターも弾くことができない状態。
オイラは足を痛めたか、意識でもフッ飛ばしてしまったのかと
思ったんだけど。。。

。。。肩、脱臼(!)

と、フロアより長身痩身のヨッパライが泣きながらステージに乱入。
。。。誰かと思えば、honeydipのエージさんっ!
最初こそ立ち上がらせようとしていたけれど、事情を把握するや、
シブジュン氏のギターを拾い上げ、代打してくれた。

なんかその時のフロアとステージの感じ。
フロアには仲間バンドの皆さんもたくさん揃っていて、
なんかもぅ、あったかい空気が充満していた。
tronが最後まで完走できるよう、色んな人の気持ちが力になってて。
シブジュン氏は痛くて堪らなかっただろうけど、それに応えようと
そのままの姿勢でラストまで歌い切った。

やっぱ泣くかなぁ。。。? って思っていたけれど、
出演バンドの心意気に加え、まさかのそんなハプニングもあり、
最後まで盛り上げ続けてくれたエージさんの機転もあり、
フロアの雰囲気もあり、温かい空気に包まれて終わった感じだった。
(今さらながらエージさんに惚れました。。。)
箱から出ると救急車。シブジュン氏が乗ってるのが見えた。

本当のラストが明日あるのに、大丈夫だろうか。。。
と心配しながら帰宅後、すぐに更新されたブログを見て安心する。
しかし、明日がオーラスという実感はまるで、ない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。