DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【INIT BRIT】 番外編 LADUREE
先日、築地の帰りに銀座まで散歩という定番コースの折、
そういえば三越の中にラデュレが出来たんだなーと。
確かオープン当初はTDRもビックリの大行列で、
とてもじゃないけど近寄れなかったハズ。

こう見えてもオイラ、おフランスはパリのラデュレに
行ったことがございまして、オッホッホ。

LADUREE2.jpg

色々あったことは旅行記の方にまかせるとし、
普通にバッグパックに放り込んで歩いていたもんだから、
麗しいマカロンはカルメ焼きと化した(サイズもそんなもん)。

LADUREE3.jpg

それをまた、ハンバーガーでも食うかのように、
新緑眩しい初夏のセーヌ河をお散歩しながら、オッホッホ。

で、話は戻って。
この時、店舗だけでも勉強のために見ておこうと向かうと、
サロンドテの方は確かに混雑していたけれど、
ショップの方はすぐに入れる状態。

そこで、敢えて「ispahan」をセレクト!!
そう、どっかの何かのオマケで見たことがある人もいるかも(笑)。
でもあれば、ピエール・エルメの方ね。
(彼はフォションにもいたし、ラデュレの立て直し?もした)

LADUREE.jpg

濃厚ローズの風味の効かせ具合、なぜ中からライチが出てくるのか...
などなどの評は他にまかせます、素晴らしいです。

で、どうしてもオイラとしてはそれ以上に感激してしまったのが
パッケージデザインのスゴさ。
1つ1つ入れてくれるボックス、質の良すぎるショッパー、
保冷剤までちゃんとオリジナル。。。(涙)

ここまでのことをして、ヒトのこと感激させてくれると考えると
決して高いものではないなと妙に納得してしまいました。
甘い物はあまり得意じゃないオイラですが、クセになりそうです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。