DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
BUNNY SUICIDES


毎年、カレンダーは古い時代のモノクロのロンドンの写真を
使っているシブいやつを使うことにしてる。
もう何年分たまったかな。。。
もちろん使用後はインテリアに再利用するわけです。

それが、昨年ぐらいから手に入らなくなっちゃった。
なので今年は、同じ英国モノでも、ブラックジョークが満載な、
とてもじゃないけどステキとは言えないやつを
納得いかないまま使っている(笑)。

だって“ENGLISH GARDENS”とか言って、
全く手入れのされてない枯れ草と枯木ばっかりゴミだらけの
どっかの庭先、色のヒドいデジカメ写真とかなんだもん(泣)

で、やはり今年も見つからない。
パリやニューヨークは簡単に見つかるんだけどね。。。
ネット上を探すのもなかなか面倒で。

そしたらイクスピアリの本屋さんでこんなものを見つけた!

ANDY RILEYという人の作品、『BUNNY SUICIDES』の
週めくりカレンダー!!!(狂喜)

日本では「自殺うさぎの本」、続編「またまた自殺うさぎの本」という
和訳版も出ていまして、これがまたドツボで、ものすごく好きで、
たまに捲ってはニヤニヤしておりまする。

内容はタイトルのまま。
あらゆる手段でとにかく死のうとするうさぎたち。
これがまた、ピタゴラ装置風のものから、ブラックジョークから、
少し考えないと分からないぐらいよく練られた(回りくどい)方法から
映画ネタまで色々と。さすが、やはり英国モノw
それを、この、ものすっごい愛らしいテイストで。
何でまた死にたいのか分からんウサさんたちは、何かに悩んでそうも
全くなく、一貫して無表情。

中でも僕が好きなのは。。。

・自らの口にハンドミキサーを突っ込み、スイッチを入れようするの図
・続々とノアの箱舟に乗り込む動物たちを横目にバカンスの図
・あともう少しで12時って時に、ビッグベンの時計台の長針と短針の間に
 首を挟んどくの図

最初、普通の月ごとのカレンダーを見つけて喜んでたら、
横にこの週めくりがあるじゃないっすか。
絵柄の数的に、こっちの方がいいじゃん!!(笑)
しかもキリトリ線があるから、終了分はポストカードサイズになるです。

けっこう痛い系も多いので万人にはすすめられないんだけど、
気になった方はチェックの方向で。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/15(土) 02:56:53 | | #[ 編集]
本屋さんによっては、絵本コーナーにあります(笑)
それってどうなんかなー(>_<)

ぜひチェックをば!!
2008/11/24(月) 22:52:04 | URL | るる #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/26(水) 20:28:31 | | #[ 編集]
STARWARSとか、LORD OF THE RINGとかの映画ネタとかもあるよー。
なんかね、腹抱えて笑えるっていうより、ジンワリとした味があるのです(^_^;
2008/12/02(火) 16:05:49 | URL | LuLu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。