DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
REUNION
RaFF-CuSS PRESENTS "J-TRASH '08"
新宿MARZに行って参りました。

先日のtronからそんなに日を置いていなかったり、
個人的にも色々と忙しかったりで、
実はこの日に“実感”のようなものをあまり感じておらず。

僕のこの、ろくでもない今までの人生(笑)、
僕らの、ほの暗くそして素晴らしい青春時代(笑)に
不可欠である人たち......

Hirofumi、Yoshitsugu、Lunaという3人が揃う上に、
スペシャルゲストがValentine D.Cという、
改めて考えたら「とんでもねぇ!!」ってな状況(爆)
なんでしょう、この豪華過ぎる夜(笑)

 頭の中でイベントにサブタイトル付けましたよ。
 『RaFF-CuSS PRESENTS "J-TRASH '08"
  ~僕のリユニオン、見せてあげるよ・・・~』
 どうでしょう? カダちゃ~んッ!!!


なんかもう、書きたいことは山ほどあれど、
色んな思いが交錯してしまい。。。

思いもよらずルナがベースだった(失礼!)UNWAS、
ツグ様がサポートするヒロちゃん、SUZUKI BED MUSIC、
相変わらずなKENちゃんとJUN様、Valentine D.C。
なぜにKENちゃんはいつもあんなにあったかいのでしょう?
そして同じくツグ様と、ex.VDC 現.RED SUNのナオちゃんサポートで
ヒロちゃんとルナのRaFF-CuSS。
(ちと、ややこしや)

あの頃とバンドやメンバーは違えど、新しき良き血も入れど、
揃った彼らは、ビビるぐらい変わっていない、
どころか、余計に格好良くなっている。
音だってそう。
変わらず、でもものすごく進化した音が今の彼らの元にある。

これ以上、ステキになってどうすんだー。

そして俺たちは焦るワケです。
以前のVDCの時の焦りと同じ種類(笑)

いやー、こりゃフケ込んでられんばぃ。負けたくな~い!!
(スピリット的にも体型的にも......笑)

そしてどうしても襲ってくる懐かしさだったり色々。
だってあの人たちの存在は本当にデカいんだもん!!!
あの頃と今を思うヒロちゃんとKENちゃんそれぞれのMCに
去来するものがゴゴゥと我慢しきれなくなり大号泣。。。

この空気! これだよこれ!!

んななって、何度も思った。

彼らは、色んなこと...辛いこともあったし、でも同じ場所に来た。
そしてこの日のこちらのメンバーも、あの頃と同じ。
Eins:Vier解散より10年、それぞれお互い足を洗わずきたメンツ。
僕らは間違ってなかったんだ。
色々あったし、不安もたっぷりだったし、これからもだけど、
今夜ここに、あっちもこっちも、変わらずリユニオンできた。
僕たちにとってのジェノバ細胞、母さんは、あの時代なんだ。
(と、相変わらずFF VIIに絡めてみるが、言い得てると思うぞ)

tronのこと、この夜のこと、いつも一緒にいてくれる仲間のこと。
時間が経てど、場所が変わろうと、状況が変わろうと、
根っこは変わらない、信じてるんなら、そこは変わっちゃいけない。
その上で、進化してかなきゃいけない。
“決断することを決断した”僕の元に、
なんとも言えないタイミングでやってきて、
チカラをくれているみたいで、なんか不思議でしょうがない。
。。。って、勝手に思って、感謝してます。


ルナのベースは相変わらずキャラに相応しくないぐらいに(?)うねる。
ツグ様のギターは、激しく、とっぴょうしもなく美しい。
(本人も美しい......爆)
そしてヒロちゃんのコトバと声は、変わらず胸にグサグサと刺さるけど
ちゃんと絆創膏にもなる。

。。。。。。懐かしさだけでなく、
現在の彼らの音が物凄かったという事を改めて付け加えておきます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。