DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
夏期休暇前、人体模型とパリのネズミ。
やっと、夏休み前最後の出勤です。
昨日今日と、制作...ではなくって、こんなタイミング
だからこそ出来る肉体労働系(笑)が続いてるので、
久々に気力よりも体力が底つく一歩手前(泣)
普段からの運動不足を思い知らされるわぁ。。。

夏休み後に持ち越した仕事もかなりあるんだけど、
なんだかもぅ気分的に、前倒しで...という感じでもナシ、
本日は1本だけ入稿があって、それが済んだら
機械系のメンテナンスと、肉体労働の続きかな。。。

夏休みは、これといって大きな予定はナシ、
この暑さだし、どこ行っても...だし。
都内へはちょこちょこ出掛けると思うんだけど、
あとは自宅作業もけっこうあるしなぁ。。。

あと、ずっと今まで毎週買い続けてるものの、
時間がなくて組立を後回しにしていた、
週間人体模型「アーサーが教える体の不思議」(笑)、
今ある所まで一気にやります。
ちょっとそれなりのツール揃えないと
なかなかうまく行かない感じだったので、
そのへんの準備は揃えてあるんだ。
ひとまず外れやすい椎間板は接着しちゃうつもりよ(笑)。
ただ、恐ろしいのは今後、80数巻まで続くらしく、
現在はまだ25巻。。。

そうだ、先日、「レミーのおいしいレストラン」を
観てまいりました。
ピクサー作品は大好きなんですが、映画館へ観に行くのは
実はこれが初めて。
トレイラーで観た、パリの夜景に魅せられてしまい、
行ってきましたよー。

公開中なので詳しくは書かないけど、素晴らしかった。
ってか、観終わったあと、スゴい腹が減る映画(笑)。
ニモとか他の作品よりか、若干、大人向けなのかな。
パリとか、料理...というよりレストランの世界に興味が
ある人にはたまらない内容だった。
相変わらずワシは、涙ボロボロで観てましたが(^_^;

何ってーか、観ると地味に元気が出るというか(笑)、
「よっしゃー!!!」と励まされるというんじゃなく、
「うん、ワシもがんばりますか」って感じ(笑)。
あとは、とにかくレミーがキュートでステキで、
ちょっと惚れましたよ。いい男だと思う、ネズミだけど。

スポンサーサイト
人体実験、異形、過去...等にまつわる個人的なハナシ(笑)3
20070814104242


つまり、二人とも悲惨な過去を持ち、人体実験の被験者で、
その結果、通常の人間ではない能力を持つことになってしまった。

長いこと国家転覆の計画を進めていたV様は完全自力で、
ヴィン氏はその後、仲間と出会って目覚め、
どっちにしろ惨い実験結果としてのその能力を“使って”
戦いに身を投じることになる。

なんでしょう?
僕はそのへんに強烈に惹かれてるようなのです。
惨い出来事があった結果、見た目も能力も、
あまりに普通ではなくなってしまった身体。。。

それに加え、すんげー強いのに、どこか抜けてる部分があるという
アンバランスな部分。

V様は、それこそあんな出で立ちのクセに花柄エプロンで料理したり、
シェイクスピア&古い名作映画好きの彼らしく、
全ての仕草や言葉が思いっきり芝居がかってたりもする。
人前では見せないものの、色々あった時のヘコみ方もスゴい。
全てに於て超人的な人物が見せる、強烈に人間くさい感情。

ヴィン氏は......やっぱりあれでしょう、“機械オンチ”。
永らく棺桶の中にいたせいなのか、元からなのか知らないが、
とにかく機械が苦手。コンピュータとかの難しいハナシもダメっぽ。
銃器は何でも扱えるクセに。(よくタークスやってたよ)

携帯電話を持ってなくて呆れられた末に購入するも、
今イチ把握できてなくてトンチンカンなことも言ってたことから、
特に“家電”に弱いと思われる(笑)。
あんなにクールで美しい人なのに一部ファンから「おじいちゃん」と
呼ばれてしまうトホホ加減(老化しないものの、実際は60近い?)。

あとは単にキャーキャーなポイントとしての共通点は、
二人とも、とんでもなく声がいい(笑)。低くて深くて憂いのある声。
V様はスミスズことヒューゴ・ウィーヴィング氏。
ヴィン氏は、舞台で活躍する俳優であり、声の出演も多い鈴木省吾氏。
もう、声だけで癒される。。。

※PIX:「こちらが人体実験後のヴィンセント氏でございます」

人体実験、異形、過去...等にまつわる個人的なハナシ(笑)2
20070814104115


なぜにこんなにも、この二人に惹かれるのかと考えていて、
で、共通点が浮かび上がった。
(というより、考えなくても分っかり易すぎるポイント)。


新羅製作所の総務部調査課(タークス)のガンマンとして
とあるおっそろしぃプロジェクト、研究機関の科学者の警護を
担当しておったのがヴィンセント氏。

その科学者の一人の女性に想いを寄せるものの、
色々あって(端折りすぎ)結ばれず。
(彼女はかつて同じく科学者だったヴィン氏の父親と研究を
 進めていたが、事故が起こり、彼女を庇って父親は死亡)

その後、実験に彼女の腹の中の子を使う事実を知り抗議したが、
彼女もプロジェクトの主導者・宝条(腹の子の父親も宝条)も
それを受け入れず(このへんも色々あった)。

とにかくその結果、逆上した宝条に撃たれ、人体実験の対象に。
しかし実験は失敗、瀕死に陥ったヴィン氏の命だけでも救おうと
彼女は更に彼の身体にあるものを埋め込むが、
その結果、恐ろしい怪物に変身してしまう上に、
延命どころか老化しない身体となる。

実験を阻止できず、彼女も子供も救うことができず
ただ見ていることしかできなかったことが彼の深い傷となる。
自らの身が、彼女が延命のために施した結果とは知らない彼は、
怪物と化した姿を自身への罰として受け止め、
地下室の棺桶の中で長い眠りにつく(30年間ぐらい?)。


一方、独裁国家となった英国において排除の対象である
マイノリティや反政府主義者の一人として連行されたのがV氏。
連行先の施設では、彼らをある人体実験のモルモットとして使用。

その中で、唯一実験の成果が現れた個体だったV氏は、
驚異的な身体能力を持ち、ほぼ不死身レベルとなる。
「V」という名は彼が閉じ込められていた施設の部屋番号から。

事故(?)による大火災で実験は全て焼き尽くされたように
思えたが、猛火の中から姿を消した彼はそのまま姿を消す。
その後十数年間(?)行方をくらましていたが、
全身大火傷を負った彼はその身を、黒いマントと黒の革手袋、
かつて英国政府を震撼させたテロリスト、
ガイ・フォークスの仮面で覆い、
11月5日、彼が成せなかった国家転覆を図る。
(11/5は計画が失敗し捉えられたフォークスが処刑された日で
 現在は祝日になっている)

※PIX:「こちらが人体実験前のヴィンセント氏でございます」

ってか、後に同僚(笑)のクラウド氏が。。。
いつもいいトコ、クラウドに持ってかれる気がするぞ。

クラウドとヴィン氏の関係はかなり好き。
なんか...何だかんだ言って相当、仲良しでしょ(笑)。

人体実験、異形、過去...等にまつわる個人的なハナシ(笑)1
20070814104059


いきなりで悪いが、
ワシの萌え対象は、ヴィンセント・ヴァレンタイン氏である。
黒装束に赤マント、長い黒髪の長身に赤い瞳の無口なガンマン。
愛銃は、銃口3つのケルベロス。

自宅もオフィスもデスクトップは彼(作業しやすいものに自作)、
スクリーンセーバーはFF VII DCオフィシャルをダウンロード。
携帯の壁紙も彼、着信音は「携帯屋はどこだ」でキマリ。
半死の作業中、山ほど開いてるフォルダをちょこっと退けて
彼の赤いおメメを見つめるという行為で激しく癒されております。

だがしかーし。
FF VIIシリーズの登場人物である彼がめでたくも主役を務める
その「DIRGE OF CERBERUS(DC)」は、実は2/3で一時停止。
なんせ基本的に剣使いである俺っちは、銃の扱いが苦手なのだ。
そのせいで、スットコドッコイな動きになってしまう彼が
心苦しくて見てらんない、のが理由である。全てワシのせいだ。

そしてもちろん、V for VendettaのV様(くしくもV並び)も、
相変わらずお慕いしております。。。
定期的にDVDを鑑賞する状態は変わらず、
あの超高速ハイテンション自己紹介に“あふ~ん”となっておる。

朝から...
20070808075604


暑ちぃよ。。。(泣)

不快指数マックスで、ザクも腰が分解しそうです。。。
せっかく夏祭り真っ最中なのに。
ぶっ倒れ明け(爆)、土曜出勤中です。。。

ちょっと穏やかではいられないようなことが
後から後から起きた十数日間。
一段落して落ち着いてからでないと何もできないと
思ってましたが、数名から安否確認が来たので(笑)
とりあえずエントリー。

いちお、生きてます。

さすがのオイラもここまで精神的にヤられる出来事満載。
近年稀に見る(笑)怒りでココロが満杯になる事件が発生したり
他にも、もう色んなことテンコモリ状態で、
そのことで仲間と話し合ったり、対策練ったり、一緒に泣いたり。
辞める仲間も出る危機だったから、喪失感みたいのにも襲われた。

で、オイラはダークサイドの制御が効かなくなり、
現場(会社)に行くと身体が拒否反応を起こす。吐き気とか。

もう精神不安定なんてもんじゃなかったよ。
暗黒思考ブースターな想像力がすごい勢いで加速するから、
昼間っから恐ろしいことばっか考えてるし。

で、ついにツブれましたわ。。。
出勤1時間後に早退して自室でグッチャリしていたけれども、
もぅ、ぜんぜん休まらなくって。
お願いだから、あっちに行かせて! って思わず祈ったもん(笑)。
あっち、というのはいつも行く、夢の中のもう一つの街のことで...。
小さい頃から大概、夢と言えばその街へ行ってばっかりで、
すごい心休まる所なんだけど。。。
今回は数日間、マトモに眠れなくて、そっちに逃げることもできず。


で、ね。
とりあえず続行中の問題も数多いんだが、
いくつか良い方向に行ってるもの、解決したかもしれないもの、
先が見えてきたかなー的な部分が多くなり、
どうにか再度、己の制御に尽力し(笑)、出勤なのであります。

今後も、どうやって、もっと良い方向へみんなで行くか、
みんなで考えていかなくっちゃ。

ここで負けるワケにゃぁいかねぇ、のも事実。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。