DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
窓からちょいとコンニチワ。
20060822173901


窓からちょいとコンニチワ。

先述の『天狗の里たま子ドーム』のサイズが分かりやすい写真が出てまいりますたm(_ _)m

スポンサーサイト
ポテサラ。


なんか料理の話が続きますけどね、最近、ポテサラが自分の中で確立できた
んですわ。
簡単だから前からよく作るけど、ナンプラーとラー油、パクチーでちょっとだけ
アジアン風味にしたり色々してたけど(それはそれでうまい)、スタンダードの
定番味付けが分かった。

ジャガイモは、茹でてから皮を剥くとか面倒(ってか熱い)なので、
フツーに粉ふきいもにしちゃう。
で、刻んだピクルス、半熟ゆでたまごの乱切り、マヨネーズ(ゼロマヨ)、
それから、甘酢でサッと煮たタマネギ、粗挽きコショウたっぷり、
辛子たっぷりに、レモンとリンゴ酢プラス。

これだけシンプルでやってみると、意外と一番おいしかった。
若冲パラダイス。
20060816153601

夏休み初日、前々から行きたかった若冲を観に、朝もはよから
東京国立博物館「プライス・コレクション 若冲と江戸絵画」へ。

これがねー、最近観た中では一番、おもしろかった!!
朝早くいったから、そこそこゆっくり観れたのもあったけど、
なんかもう、スゴかったねー、日本画連発。
とりあえず名前は良く聞く、日本画と言えば、なメンツの作品が
揃ってまして、なかなかスゴい状態。
あのね、日本画っておもしろいのよ。
僕なんて、そんなに玄人っぽい見方なんかしないじゃない?
(できないってか)だから、「あぁ、虎かわいいなぁ」とか。
「すっげぇなぁ、毛が本物っぽいよ!」みたいな感じなのね。
あとは、「絵っつぅかグラフィックデザインっつーか、
これ商業イラストじゃんかよ」とかね。
別におもしけりゃ、そういう見方でいいと思ってるからさ。
小難しく考えるから、難しいワケであってさ。
あの、なんか武家屋敷みたいなのがズズーっと描いてある屏風も、
お殿様行列とかしてるのをまじめに観てる人たちを描いてあるのより
みんながみんなダラケちゃってて、細かく観てくと、お菓子食べてたり
昼寝してたり、お姉ちゃんといちゃいちゃしてたり...みたいな、
僕的に「ダラケ絵図」と呼ぶことにしてんだけど、そっちの方が
楽しいのよ。「あぁ、昔の人もダラケてたんだ」みたいな(笑)。

今回の目玉はやっぱり、若冲の「鳥獣花木図屏風」、”升目屏風”って
ヤツなんですが、これ、すごいです。
前情報は色々あったんですが、実際に目の前にしてしまったら、
思わずトリップ状態はいりました。
(写真、よく観えない上にタテですみません。今出てる
 ブルータスを買うとよく見れます....笑)

あのね、これ、クスリでもやってブッ飛んだ時に観たのを描いた?
って思っちゃうぐらい、パラダイスなんですわ。
実際にいる動物、想像上の動物、実在するけど観たことないから
想像で描いちゃった動物が、一同に介してまして、
そりゃもう、すんげぇノア状態(笑)。
ノアってか、なんてーの? もうパラダイスだよ。
なんでこれを升目で描いたのか、そもそもデジタルがない時代に
どうしてこういう発想、升目で描こうとしたのか。。。
これを持ってるプライスさんは、これを自宅の風呂のタイルに
しちゃったらしいというから....(!!!)
確かにこれ、風呂屋のタイル絵っぽいんですよ(笑)。

一人でこの絵の前を陣取れる状態で観れたのですが、
30分ぐらいアッポー状態で動けませんでした、俺。
それは至福の時間でした。

もうなかなか機会はないようだけど、観れるものならまた観たい。
若冲、なかなか...この人は今の時代にいたとしても、
相当人気な画家...というかクリエーターとして活躍したんじゃ
ないかと思いますよ。お茶目な人だったんだろな。。。
すげーです、マジで。

この後、ここまで来たら外すワケにはいかない、
僕の「できれば移住したいお気に入り」の場所である科博へ。
でも時間がなくて、中でもお気に入りの植物プランクトン系と
ミュージアムショップだけ楽しみました。

そうそう、若冲のほうでもミュージアムショップで色々購入。
この升目屏風の「象様」をフューチャーしたTシャツとかね。
このアイテムの多さからしても、やっぱ若冲、商品化しやすいん
ですよ、やっぱり。
しゃっちこばった難しい日本画、ではなく、すごく親しみやすい面も
併せ持ってる。だから僕はなんとなく、この人の作品って、
偉い美術品、とかいうんじゃなくて、ポップなイラストレーターの
作品って感じがするんだよなぁ。
たま子


さすがに毛ダラケな姉さんは、夏は辛いようなのですが、
そのわりにはクーラーの効いてる部屋を避けて、自然風の入るポイントを
うまく探して一日中、寝ています。

最近、よくしゃべる。
ブルーベリー


ブルーベリーが生で安く売っているのを最近、良くみるんだけど、
生で食べきれなくなったら、ソースにしちゃうのをおすすめ。

砂糖とレモン汁を加えて、ジャムよりはゆるく仕上げる。
これを作っておいて、グラスに好きなだけ、ジン(ウォッカ)とソーダを
注いで、目に効くカクテルのできあがり(笑)。
(ジャムほどのレベルで作るわけじゃないので、そんなに保存はきかないです)

。。。って、結局、酒に応用するのは呑み助の性。。。

ジンとかじゃなく、自家製梅酒に入れてソーダで割っても美味。
夏休み
20060816150603
短い夏休みに入っていまして、今日がアッという間の最終日です。
久しぶりにちゃんと料理でもしようと、昼から夕飯の仕込みをして
一段落して、昼間っからジンのグレープフルーツジュース割りで
やっと一服した所。
昼間っから呑んでノンビリするなんてこんなチャンス、
滅多にないからね。。。

今回は、あんまり出かけず、ほとんどヒッキー状態で体を休める計画でした。
ちょっとは...ノンビリできたかな。また明日からハードな日々だし。

本日の夕食は、本場パブ名物「ふがふがソーセージ」の中身だけ(笑)と、
付け合わせにガーリックマッシュルームのオムレツ、という
いかにもイギリスな感じで。。。

ふがふがソーセージってね、ロンドン行って食べた人は「なんじゃこれ」と
思うかもしれないけど、パブの定番料理で、「ソーセージ&マッシュ」という
名前でよくあるヤツ。
戦争や何やらで色々と食糧難だった時に、女王自ら「パン粉でかさましして
この時期をやりすごしましょう」って言ったとかいう伝統的な料理で、
普通は、マッシュポテトと一緒に、グレービーがたくさんかかって出てくる。
いわゆるドイツ的なソーセージとは全然違うけど、英国好きにはたまらん
定番料理で、僕はこれはこれでおいしいと思っています。
ってか、パブ行くと1回は食べるし。。。

日本で簡単に再現するならば、ハーブとスパイスをきかせた
ハンバーグって感じになるかな。
ハンバーグ種ってね、練れば練るほどいいんだよ。
僕も「もうこれで勘弁してくれ!」ってヤになるぐらい練った。
手にくっつかなくなるぐらいになって、自然に一塊にプルンプルンに
まとまるぐらいがベター。
あとは焼くだけ。今、冷蔵庫で寝かしています。

写真:夏休み初日に、新宿伊勢丹のBPQCで一目惚れして即買いした
キャットハウス。(ウチ的には「おたまドーム」と呼ぶことにした)。
左右に窓が1つづつ、入り口から入ると、中にクッションが。
気に入ってくれるか不安でしたが、見た瞬間に中に入ってクークー寝て
くれた。それこそ、ヒッキーになっちゃいました。>たま子姉さん。
実写版猫村さん?
20060809124501


実写版猫村さん?

どうでもいいけど姉さん、ワシの大事なiBookを踏み台にしないで欲しい。

築地に行ってきた -5
20060808163301
それから極暑の中、銀座まで散歩。
以前は仕事の都合で我が庭のように闊歩していた銀座ですが
今となっては記憶が薄れ、細かい道はチンプンカンプン(泣)

アップルストアでインテルMac見てるフリして涼んだりもし。
そこからまた歩き初めてフォーラム経由で有楽町、
大好きなMUJIへ。あぁ、天国・楽園・パラダイス!

で、そこからさらに丸ビルまで歩く。。。
それじゃなくても暑いの苦手で死にそうだってのに
何やってんだ俺!
でもこの間、ドトールとか何かとか見つけるたびぐらいに
水分補給してたので、結果的にタバコ吸いすぎ(爆笑)。
ちなみに丸ビルの1Fのあのカフェのフランボワーズティー、
激ウマっす、ハイ。

そんなこんなで、充実してたけど限りなくHP=0まで消耗した
真夏の一日は終わりやした。。。

写真:中サイズだと、お姉さんはちょっと窮屈。
築地に行ってきた -4
20060808163003
長居したいのを押さえ、周辺をくまなく見て回る。
プロ向けのお店が軒を連ねる中、おもしろいのは
(刺身の)“妻”専門の店があったりすること。
かたや、長靴などを扱う有名な店で、魚河岸印と「鮪」一文字の
リストバンドなんぞ購入してしまう観光客な俺。

それから場外、場内と楽しみました。
お目当ての店は制覇、玉子焼きとかお茶とか、買いたいものは
全部買えた。
行く前に、築地と言えばの佃権の社長さん著なガイドを
ちゃーんと熟読していた成果であります。

築地、ナイス。絶対にまた来る。ってか定期的に行きそう。
でもやっぱ、生モノ買いたいこと考えると涼しい時期かな。。。

写真:「300円で1億円買えるよ!!」という威勢のいい声に
おもわず2億円、購入(笑)。
築地に行ってきた -2
200608081630022
大江戸線があるので、築地市場までは思ったより遠くない。
新宿からわりとすぐ。なにげにすでにフィッシーな(笑)駅を
出れば、そこがもう市場の正門。

ターレって知ってます? 本名はターレットトラックと言う
らしい。場内を走り回っている運搬用車両で、円筒形ボディの
上にフラフープみたいなハンドルがくっついてて荷台があって、
立ったまんま乗るヤツ。
これがもう、たくさん爆走(?)してるワケ。
あれ、気を抜いてるとかなり轢かれるね!
だし、やっぱお仕事忙しいプロたちの邪魔になっちゃイカン
という気持ちもあるじゃない? だから気が抜けない。
それ以上に驚いたのが、10cmぐらいしかない車間距離で
繋がって飛ばす軽トラだけど。。。スゲェー。。。

そんなプロと一般観光客(外国人さん率もやはり高い)が
入り乱れる場内、魚河岸横丁、独特な雰囲気があって、
いるだけでおもしろい!
すぐに例のお店も発見し、市場カゴの中サイズ、小サイズ
両方を購入してしまいました。。。

どうも、別に怖くないのです。思ってた感じと違うのです。
「てめぇら邪魔でぃ! 素人がウロチョロすんな!」
(吐夢さん的に「すっこんでなさい!」)みたいなもんかと
思ってましたが、それは失礼な思い込みでやんした。
もちろん、プロの方が一番忙しい時間帯に行くのは邪魔に
なるだろうけど、僕が行った9時前後は確かに一般人も多く
お店の方もみんな、親切で優しいのでした。

写真:築地に行ったらコレ、という名物だそうです。
築地に行ってきた -3
20060808163002
この日、すげぇ猛暑。水分補給をしないと倒れる(マジで)。
で、僕はココに来たら場内の喫茶店というものに絶対に
入ろうと思ってたのです。

というのは、遡る事...どのぐらい前なんでひょかね。
当時フジテレビで「ワーズワースの庭(冒険)」という番組を
放送してまして、僕はこの番組を愛しておりました。
全話ビデオに撮ったのを持っていたのですが、なにせVHS、
時と共に劣化し、最近になってHDDレコーダーに落とせたのは
僅かな分だけでした。
(関係ないけど、今NHKでやってる美の壷」って、ちょっと
ワーズワースに似てて好き)

その番組で、カフェをテーマにした事があり、
パリのカフェとボリス・ヴィアンを中心に話は進んだのですが、
築地場内にある小さな喫茶店の話も出たのです。
長靴姿の市場の男たちが毎朝暗いうちに集い、
オーダーしなくても“その人用カットを施されたトーストと
コーヒー、ゆでタマゴの朝食”が供される。。。

その映像が頭の中に残ってたんでやんした。
この時間なら、僕が行ったとて邪魔にはならないだろう、と。
残念ながら番組で映った店は発見できなかったけど(帰宅後、
ガイドブックで再確認したら前を通ってたと判明...)
同じ雰囲気の、カウンターだけの喫茶店に入ってみました。
やはり一段落ついた後なのでおジャマではなさそう。
トースト...ではなくレタスとキュウリだけの野菜サンドと
自家製の梅ジュース。(結果的に梅ジュース×2+冷コー)
タバコ片手に無造作に散らばってる新聞なんか読んだり
しちゃってね、気分だけは...みたいな(爆)。
しかし、おいしい。
これだけシンプルなものがこんなにおいしいとは。
シンプルだから、おいしいのか? 感動。。。

写真:おみやげに絶対おすすめ! な、キレイでおいしい佃煮屋さん。
油引きの紙を使ったパッケージデザインがすばらしい。
築地に行ってきた -1
20060808162702
そんでもって、(いきなり)築地に行ってきました。
なんで築地かってーと、特にマグロが食べたかったワケでも
仕入れの用があったワケでもなく(笑)。

少し前に、買い物用にカゴが欲しいという話になりまして。
あのプロの仕入れ人(と、言うのか?)の必須アイテム、
通称・市場かご、というヤツっす。
小さいサイズは、サザエさんも、猫村さんも使ってまさぁ。

で、ネットで調べてみると、思ったより情報が少ない。
いくつか買える所があっても、ビミョーに一般用に
アレンジされてたり、良いのがあっても品切れも多い。

その中でやっと、想像してた通りのものを発見。
それが築地市場場内にあるお店のサイトで、しかし
ショッピングサイトではなく、申込書をプリントして
FAX注文するシステム。
「築地市場」というプロの領域なもんで、普通にスーパーで
買い物するためとか言ってる一般人が接触するのは(笑)
一瞬躊躇われましたが(^_^; ところがどっこい。
非常に丁寧に対応していただけました。
プロが愛用している非常に良い物だよ、しっかりしてるから
使いやすいよってお手紙(ってかFAX)も頂いたし。

ただし、やりとりFAXが、すっげぇ早朝に来てる(笑)
「あぁ、市場の朝は早いのだな」と嬉しくなったけど。

で、頼んだサイズは、それこそプロ仕様の大きい物。
これが、かなりデカい(笑)。
すごい収容能力を誇り、買い物の多い時には大活躍だけど、
これがまたデカいんだってば。

それで、少し小さいサイズも欲しいねってことになったワケだ。
だたらもう、現地に行ってやろう、と。

写真:最初に買ったサイズ。あのデカい猫のお姉さんがピッタリ!
夏祭り。
20060808162701
先週末は3日間、地元の大きな夏祭り。
天狗の里市民はけっこう祭り系です(^_^;
金曜、仕事から帰るとちょうど山車が居囃子やってる所で、
しばらく立ち止まって聞き惚れてしまいました。
ひょっとこと獅子舞いも年季入ってて良かった。

各地区の山車が居合わせた辻で激しく居囃子合戦をやるのが
メインな祭なんだけど(テンポ引きづり込まれた方が負けで、
道を譲らないといけない)やっぱいいねぇ。。。
夏は大嫌いだけど、この音は好きだ。

各地区が山車を持ってるんだけど、残念ながら僕の家の方面は
持っていない。僕がこの夜に聞き惚れていた地区のが、
“こっち側(上地区)”の突端。だから、僕が一番親しんでる
のもこの山車。中でも彫刻が一際美しいと言われてる山車です。

ガキの頃から“暗い所で光が付くもの(電気でも火でも)”が
大好きで、だから夜店なんかはもうたまらんかった。
けど、やっぱ一番は、この夜に見る山車やね。
小さいガスの炎が二方向に出る先がいくつもついていて、
これが美しいのなんの。(一瞬“V様かしらん?”などと
思ったことは置いといて)


写真:デジカメ持ってなくてケータイで撮ったらなんだか
デコトラにしか見えない。。。(笑)
ジャック・スパロウと貧血。
あんまり肩こりで辛い思いをしたことがないのですが
(慢性化してて慣れてるというウワサも。。。)
それよか腰痛の方が深刻なんだけど、さすがに昨日今日、肩こり。
なんか、すっげぇツラくなってきた(泣)。

というのも、今抱えてる一番大きい仕事、これが150ページもの×2。
どちらもデザインする要素は少なくて、どちらかというと
データの運用とか、そういう技術で勝負する系なんだけど(なんだそれ)
要するにコツを掴んじまうと、ちょっと流れ作業的でもあって、
あと納期もかなりキビしいってのもあって、短時間ですんごい作業量。
目は血走ってくるし(笑)、タバコ吸うのも忘れちゃうし。

ただ、やっぱデザインする必要があまりない案件ってつまらん...(泣)。
なんか最近、仕事でもオフでもCGとかも創ってないしなぁ。
なんかこう、全ておまかせで、ある程度のページ数のクールな
パンフとか創りたいなぁ。。。

で、まぁ仕事ばっかやっとるわけじゃなくて。
まず映画観てきました。パイレーツ(笑)。
僕は(も)、この映画、大好きです。
ってか、ジャック・スパロウが大好きです(^_^;

ただなんか今回、すごーい長かった!!!
画面は目まぐるしいし、すっげぇ金かかってるドリフのコントを
3時間観たような気がしました(爆)。

で、行った日の前日とか徹夜してたし、ぜんぜん食べてなかったしで、
実はいっちゃん良いクライマックスの場面ぐらいのトコで、
座ったままヒドい貧血起こしましてん(笑)。
全身の血がザザーッと下がって、ブラックアウト。
でも意識戻った時も相変わらずドンガラガッシャンなシーンで......(^_^;
しょうがない、DVD出たらちゃんと観るべぇ。
最終章はキース出るっぽいしねーん!

その次の日も貧血起こしたんだよねー。。。レバーとか食えないしな。
ホウレンソウ大量摂取。。。? 今、野菜高いしな(笑)。
いいや、サプリで。
I'M HERE TOPページ リニューアル
あれから何やかんやとあって、色々と考えて作業して...
解決待ちの問題に再度ブツかったり、新たな問題が出たり、
いろいろとキビしかったり(笑)。

いやー、平日は時間がなかなか取れず、やっと取れても
いきなし自宅のインフラが数時間ほど崩壊し(笑)、
バタバタしてしまいました。
G4とか、他の子たち、新しいiBookは問題なかったのに、
古い方のiBook(実質、今の僕のメイン)が、
なぜだかネットワーク系に弱い。。。謎です。

で、本日、TOPページだけですが、リニューアル版をアップ。
デッドリンク等を整理したり、都合により今回よりカットになった
コンテンツもあります(ご了承ください)。

ヒジョーに僕的なデザインになってますが(爆)
これもご了承ください(^_^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。