DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
困った 3
さっきの話の続きだけど、データの作り方って、“その人”が出るよなーと
思った次第なのであります。

例えば、同じ高さに同じ大きさのオブジェクトが平行して並んでなきゃ
いけない場合。
適当に目検討で合わせて終わりか、キッチリとコンマいくつの単位で
合わせていくか。

僕は基本的には後者なのです。キッチリすべき所がキッチリしてないと
気持ち悪い(笑)。
もちろんインダストリアルなチームほどの緻密さではできないけど。。。
(彼らはものすんごーい細かい単位の世界で仕事してます)

けど、それも状況に応じて。
そこまで要求されるものなのか、要求されないものなのかを考える。
そこまでキッチリやっても、ヒトの目には判断つかないぐらいの世界で
ある場合もあるし、逆にすごく分かってしまう場合もある。
あと、僕らには“作業時間”という制約があるわけよね。
“この仕事はいくらなのだから、作業にはこのぐらいかけられる”という。
違う言い方をすれば“これぐらいにしかなんない仕事なんだから
時間かけてやっちゃいらんねぇ”というね。

実際は...やはりこの人種(笑)、そんな割り切って仕事できません。
納得行くまでいいものを作りたいのが正直な所だけれど...
あと、先方担当者のことをどれだけ把握してるか(性格とかクセとか)、
どれだけ仲良しかによっても違うし(笑)、
けど、サラリーマンである以上、あまり調子に乗っててもいけない。

ってことで、色んなことを考えて判断するのよね、どこまでやるかを。
ただ、その中で、“これだけはやらないと”という最低ラインみたいな
ものはあると思うんだ。
それが僕が言う“キレイなデータ”っていうヤツなんだけど。

もちろん、モノになってきた時にキレイなものっていう意味もあるけど、
“次行程の人が苦労しないデータ”だと僕は思ってる。
出力オペも兼任してる僕は、いつも外部から“汚いデータ”を受け取って
相当に苦労してるからね(泣)

そのへんを実感として覚えるには、やっぱり経験値なのかなぁ?
確かに僕も最初からこんな意識を持ってやってた記憶はないな(爆)
もう一人いる子に関しては、もちろんまだまだだけど、ある意味大丈夫。
どんどん覚えるし、出来てきてるし、疑問を疑問として引っかかれる。
「ん? なんかヘンだぞ?」ってね。で、「どうして?」って聞いてくる。
それって大事でしょ?

だから...やっぱ二人の間に“開き”が出てきてしまってる。
それをどっちかだけにならないように平等に目を配ってやらなきゃ...
けっこう、それが難しいんだよー。。。
スポンサーサイト
困った 2
もう一人は直に自分が指導する立場なんだけど...例えば昨日教えたことが
次の日できていない。それを繰り返すだけ。
教え方が悪いのかと思って、でもそんなに難しい話じゃなくてもそう。
みんなにも聞いたけど、教え方はそれでいいハズだと言うし...

デザインはともかく、データを作成する時に守らなければいけない
ルールってのは、そりゃ山ほどあります。
その中から、“これをやらないと版にならないよ、仕上がりマズいよ”
っていうレベル高い部分からまず指導するわけだけど
(ルールの中には、“こうした方がより良い”ってのもあって、でもそれは
経験の中で分かってくことだから)

で、なんでそうしないとマズいのか、っていうのが分からないと
理解しにくいと思って、僕は初期からそのへんは実習的なことも
含めて念入りに指導してきました。
その子とほぼ同期のもう一人の子は、そうやってどんどん覚えて
今は、だいぶ手がかからなくなったんだけどね。。。

で、その子のデータに関しては僕が全て最後に目を通すことにしてる
んだけど、そんなこんなで、今だに“やってないこと”が多いのです。
で、またそこを指摘すると、初めて聞いたような顔をするんだよ...。
「えっ?」って。それもワザとじゃなく本心でそう思ってるのが
分かるから、これまた難しい。。。

ここまでだと、僕の部署内だけぐらいの話なんだけど、他にも話が
及んでいるのが、やはり同じことだと思うんだけど、社内での共用の場、
作業台の上だったり、キッチンのカウンター、サーバの中など...
ものを散らかす、というか片づけないのですな。
あと、共用のもので使い終わったもの、例えば空箱が残るようなものが
あったとすると、それを片づけない。その在庫がなければ発注まで
するなり頼むなりまでが本当。でも、一切それがない。
なんかこんなウルサイ親みたいなことで嘆きたくないけど、
実際、他部署からもクレーム来てるし...
ある意味、この子のこともみんな諦めモード。。。

この子に関しては、もう一つあって。
これはもう僕も人のこと言えないし、何ともできないんだけど...
実務というかデザインに関してのこと。
僕らの仕事は、会社としてデザインを売っているけれど、お客さんが
そのデザイナーのファンになってくれる、みたいな状況になったりする。
「この仕事、○○さんに担当してもらいたいんだけど...」みたいに
仕事が来ることも少なくない。

今、上司とどうしようかと困っているのは...この子が今メインで担当している
某クライアント、昔は僕が一手に引き受けてました。
すごい仕事量で、僕はその他にも膨大な案件を抱えてて...とてもじゃないけど
捌ききれなくなったのもあって、新人2名を入れたワケですが、
そのクライアントの仕事を彼女に担当させてからしばらくして、
先から、担当を元に戻してほしいと言われてしまったのです。
確かに受注量が減ったりもしました。

もちろん、僕が再度全て引き受けることは現実味のない話だし、
かといって大口クライアントだけに、取り引きが減るのも...
もちろん良いデザインを出すことは大事だけど、先方の好みに左右される事も
多々あるわけで、なかなか難しい問題。
ただ、まだまだ彼女の“引き出し”が少ないのと、そういった性格上の問題(?)で
データが荒かったり、ミスが多かったりするのも事実。

僕は外に出る前にミスを防ぐ事と同時に“キレイなデータを作ること”を
覚えさせること、それから引き出しの増やし方を教えるぐらいしか...できないけど
ここで話が元に戻るわけ。
いっくら教えても改善されないんだけど...ってね(泣)
困った 1
色々と社内のことを管理する他に、昔と違うのは...人を育てる立場になって
しまったということ。こりゃ、一番自分が苦手な分野だわ(泣)。

その中で、今...問題が2つ...というか二人。
一人は、もうハナシにならない。営業部の一番の新人なんだが、仕事中に
堂々と寝てばかりいる。いい度胸してると思うよ。
指摘されると、「やることがないんですぅ」とのたまう。

やることがないわけないじゃんか。
それじゃなくても営業経験ゼロ、この業界の知識ゼロ、それは仕方ないにしろ、
なのにおまけに向上心も免許もないときたもんだ(爆)。
僕は部署が違うので直の先輩ではないんだが、何でも教えるから分からない
ことはすぐ聞け、本もたくさんあるし、空いた時間は時間があるうちに
勉強しろ、先輩営業の外回りについて回れ...と、僕だけじゃなく全スタッフが
言ってるぐらいなんだが、それでも何一つせず、「やることがない」と寝る。

この人の場合は、もう問題視するというより、論外なのでかまってられまへん。
みんなも呆れ果ててむしろスルーですわ。

今日も相当寝てたよ...もう帰ったけど。
よろず、引き受けます(笑)
今日はわずかな仕事の合間をぬって、バックアップ作業。
まず各自の制作終了データは各自、レイドサーバの特定の場所に
決められたルール通りアップしてもらってバックアップとしてるんだけど、
そこから先、それをMOなりCDなりDVDに落とすのは僕の仕事。
いくら大容量サーバでも限界はくるし、レイドだからといって安心もできない。
(実際、ここんとこかなり不調だった)
だから、どっちにしてもディスクへ落とすことは必要で。
その際も、顧客番号でまとめたり、どこのディスクに振るか整理したり...
なかなか面倒くさいし、複雑。

それをまた、改版きた時とかのために検索できるようにDB化することも
しなきゃいけん。
今まで使ってたディスクカタログ系のソフトはサポートが切れたり何だりで
色々と問題があって使うのをヤメたんだけど...
他のシェアウェアとか色々試してみたけど今イチしっくりいかず、
結局はファイルメーカーで自作したのを動かしてる。
確かに自作であれば好きなように必要な機能だけで作れるし、
何か問題が出てきた時にすぐ改造できるし、1回作っちゃえば便利。
更新した時にデータを手入力、ってのだけが面倒なだけで(笑)

うーん、最近はこういう管理的なこともやるハメになっちょるよ。。。
実際、あんまり時間がないからしょっちゅうはできない。
だからこそ、こういうちょっとした合間にチョコチョコやってかないと。

はぁ...
この会社でも行き着く所“何でも屋”と化してしまうんだろうか>自分
恒凛(だっけ?)
20060530120602



先日、相方に連れられて丸ビルの“つねりんカフェ”(笑)に行ってきました。
おいしかったし、雰囲気もよかったし、それにちょっとなんとなく感動した(^_^;
なんか相方に逢うのも久々だったし、色んな話ができてよかったな。

その日、やっとV for VENDETTAの原作を原書で購入。
あの海外コミック独特の絵がスゴいっすね(^_^;
映画、原作に忠実な部分もあり、原作でないと分からないこともあり。
正直、Vさんの“見た目”はヒューゴバージョンの方がステキですが(爆)
でもやっぱイヴィに対する愛っぷりがたまらん!
映画ほどのお茶目っぷりはないのですが、頼りがいっぷり(なんじゃそりゃ)は
強しな印象です。
エンディングは...映画の終わり方も、この原作の方もどっちもいいなぁ...。
そのうち、日本語版も買う予定です。
Wプロバイダ
20060523200901


サイトの移行作業が全く進んでない...。
光になってからG4をOS9で上げている時もネットに繋がるようになったので
(なぜかADSL時代は出来なかった。原因不明)マシン数台で作業しなくて済むから
作業自体はラクになったのだけど。。。
移行するついでにコンテンツ見直しとか追加とかしようとも思ってて、
でもそっちもまだ脳内企画段階。
早くWプロバイダ状態(笑)を抜け出したいので、どうにかしなきゃ...

最近、あまり買い物もしてないんだけど(泣)、うーんと、レッチリの新譜は
言うまでもなくマストで。そしてやはり言うまでもなく素晴らしい内容。
職場でも連日、かけまくっております。
あとよく聴いてるのは、WHITE STRIPESのジャックがカラんでる
ラカンターズ。これがまたいいのよー。
なんか最近、新譜ラッシュで聴きたいものは山ほど。そろそろ密林に行くかな。

写真はウチのそのG4の新しいデスクトップ。独裁国家の下、各家庭のテリーには
このチャンネルしか映りません。...ってことでBTNの職員風(笑)。
なんだかまるで甘党じゃないか。
20060520233903

別に大福好きじゃないのですが(泣)

先日、虎ノ門方面に行く用事があったので、岡埜栄泉さんへ。
創業80余年という超有名老舗で、ウチの一族も代々(笑)好物でした。
しかし甘いもの苦手な僕は食べたことがなかったので、豆大福ずいてる(?)今、
ぜひに、と思って。
で、実は。。。某裏ワザで先日の瑞穂さんの豆大福も同日入手し、
夢の食べ比べ(笑)と相成ったわけでして。
で、僕的には甲乙付け難い、っていうか、んなエラそうなことなど口にできない、
素晴らしき豆大福たち、と申しておきましょう。

その日、東京国立近代美術館に、藤田嗣治(僕内呼称はツグちゃま)をやっとの
ことで観に行ったはいいのですが、開館直後にも関わらず、大混雑。
その95%はきみまろで笑ってそうな世代。。。(笑)
とてもじゃないけど鑑賞するような状況でなかったので、もうどうにか
遠くからみた記憶を留めて、会場で買った画集を眺めるしかない。。。

しっかし。。。ロンドンのミュージアムとか行ってしまってる目で観ると、
もうちょっとどーにかすれば。。。なポイントが目についてしまって
なんか気持ちが面倒になる(泣)>都内の美術館
スカーレット・カーソン?!
20060520233901

いつもの某所(笑)に行ったら、Vからの。。。なーんて一瞬、ドキッとしたぞ、
という話(^_^;) 暗いからあんましよく撮れてないな。。。
っていうより、Vさんからこれだけは受け取りたくありません(爆)。
受け取るべき人間にだけはなりたくはありませぬ。。。
そうじゃないからいいけど。。。。

本日も職場の映画部活動日で、みんなで公開初日の「ダ・ヴィンチコード」を
観てきたのですが、えーっと、詳しいコメントは控えさせていただきます(笑)。
映画館でVの携帯カバーシールとポストカードを手に入れた事が嬉しかったです(爆)
"V"さん。
20060507205156


20060507205157


ヒューゴ・ウィーヴィング氏の力量なのか、"V"自身の魅力なのか。。。
表情が"動かない"はずであるガイ・フォークスの仮面(鉄製です)をつけた
"V"さんは、なのにとっても表情が豊かなのである。。。

冷酷さ、怒り、憎しみ、哀しみ、そして苦痛。。。
でも僕はやっぱり、笑っている"V"が好き。それも、イヴィーと一緒にいる時の。
ホントに稀にホゲ~っとしてる(ってか気が緩んでる)時の"V"も好き。
ちなみに"V"さん、用途別(笑)に他の仮面もお持ちらしいですよ。
(映画ではほぼ語られる場面はナシ)
"V" に惚れた。マジで惚れた、どうしよう?
20060507180659

その「V for VENDETTA」です。
写真の仮面の彼が、"V"さんです。

彼の仮面は、ガイ・フォークスの仮面。
イギリス好きにはおなじみの、今となっては花火大会となっている祝日、
ボンファイアーナイトの日、火薬陰謀事件の、あの彼です。
かつて国家転覆を計り、しかし実行前に発覚、捕らえられ処刑された彼。
"V"は、その11月5日の化身です。

ネタバレはできない時期なので、色々書けないのが残念。
とにかく、僕はこの物語にハマりました。
”V”さんがアタマの中から抜けません。。。

第三次世界大戦後、独裁国家となったイギリス、ロンドンを舞台に、
彼の復讐と革命が綴られる物語。
切なくって、哀しくって、そして壮快。

革命というものに関する山ほどの色々なことからすると、
"V"さんに対して賛否両論はあるだろうと思う。
おそらくウォシャ兄弟もそれを狙っている。
観た人が、色々なことを考えて自分なりの答えを見つけたり、見つけられ
なかったりすることを狙っている。
僕も、そういう点では。。。

けど、”V"という人物の圧倒的な魅力には逆らえない。
というより、僕は一瞬で虜になってしまった。

完璧な紳士たる身のこなし、仕草、深い教養に裏打ちされたその語り、声。
優しさに、凶暴さ。
少々芝居がかりすぎたその人物の背後にあるあまりに悲惨な物語。
その過去のどの時点で身につけたのか、思わず頬が緩んでしまう茶目っ気。
そして、大振りのナイフを踊るように操る圧倒的な強さと美しさ。
でも、決して無敵ではない彼。

ネタバレしてしまう域のことはまた改めて書くとして、
もう、とにかく"V"さんでアタマもココロもいっぱい。。。
1回目を観た後、そのまま流れ込んだ映画部飲み会もココロココ二アラズ状態。
家に帰ってから、もう一度ガイ・フォークスの事件のおさらいをしようと
イギリス関連の本で埋め尽くされている本棚をあさっていると、
その大きさ故に他の本のページの間に挟まって行方不明になっていた
小さな赤い冊子が落ちてきた。
大好きな映画「ひかりのまち」のパンフレット。
そう、「ひかりのまち」も、11月5日、ガイ・フォークスの日が一つの
キーワードになっていた。
「これって?」
そんな感じで、次の日に本屋に走った。ノベライズ本が発売されており、
(原作コミックは日本語版が出版されたけど、まだ見つけられていない)
その中に、彼に関してのさらに詳しい描写や設定があると聞いたから。
そしてそこそこ厚みのあったその本を一晩かけて読み終え、
本日、朝からまた彼の革命に立ち会いに映画館へ向かったというわけ。
。。。涙腺壊れたかってぐらいに号泣しっぱなしだった(笑)

ダメです。明日も映画館へ向かってしまうかもしれません。
(でも明日から仕事だよ。。。泣)

ってかね、もう、"V"さん萌え~っっ!!!
エプロン、萌え~!!!(爆)(これに関しては映画を見てね)
ちょっくら鎌倉&浅草&映画
20060507180657
GWまっただ中に行くのは無謀と思いつつ、例のチョコパだけ食べに鎌倉へ。
やはりというか何というか、予想以上の混雑。とんでもない!!
違う日に行った大好きな浅草も同様。とんでもない状態になってました。
で、浅草では、神谷バーで電気ブラン飲んでた(笑)
僕的には、たくさん飲むと後が怖い系統のお酒だな。。。(^_^;)

で、また違う日に、同僚(GWまで同僚と遊んでいるという。。。)と、
っていうか会社の「映画部」のメンツで、前々から狙っていた映画を観に。
僕個人的にも半年前ぐらいにトレイラーを目にして以来、ずっと観たかった
「V for VENDETTA」です。

んで、観たら。。。

ズッぱまり。自分でも想像以上にハマりきってしまった。
こんなハマり方は奇しくも同じチームの手によるマトリックスシリーズ以来。
その日からアタマの中が、"V"さんで満杯になってしまうという事態に。
ちなみにその”V”さんを演じているのは、スミスさんだったりする(笑)
とにかく寝ても覚めても、”V”さんのことでアタマが一杯。
(mixiの、"V"たまらんコミュにも速攻で入ってしまった)
そしてGW最終日の今日、また彼に会いに行ってしまったのです。。。

ちなみに写真は浅草の、老舗和菓子店にあったでかい雷門。
下に敷いてあるのは別のお店(人形焼きで有名な店)の包装紙だけど。。。
早朝の表参道は気持ちがいい!
20060502110519
ちょいと狙っているものが3つあり、表参道方面へ行ってまいりました。
ワケあって朝早くに出発。

まずはアンデルセンの本店(?)へ。
ここのカフェで食べられる朝食がまず1つめのターゲット。
好きなだけ食べられるパンとサラダ、好きなスープ一品+飲み物という
セットにしたんだけど、予想以上にパンがやっぱりおいしかった!!
お店もキレイだし、落ち着けました。

それから、最大のターゲットへ。
以前から、裏原宿にものすんごい旨い豆大福屋があると聞いてまして。
ネットで調べて、だいたいの場所と営業時間などは把握してました。
朝早くからやっていて、売れ切れ御免。
なかなか手に入らないそう。「瑞穂」さんという名店です。
下調べをちゃんとしていたので、思ったよりスンナリと見つけられた。
とても上品で小ぎれいな小さなお店でした。
無事にゲット!  おまけに最中もゲット。
う、ずっしりと重い。。。

ここまでこなし、銀座線に乗って渋谷へ移動。
東急プラザ(だっけ?)に入っているレゴショップに用があったので、
本当にそこだけ行って、折り返し銀座線で再び表参道へ帰る。

このメトロの表参道駅ってのが、もう色々と、うまく言えないけれど
パリのメトロの駅...北駅のメトロに通じる構内とかかな。
あのへんに雰囲気が似ていて、かと思うとロンドンぽい所もあったり、
すごくきれいでいいっすよね。色々な店もたくさんあるし。
他の駅もあぁいう感じになっていってくれると嬉しいんだけどな。

で、次の目的地が、マリメッコ路面店。
表参道ヒルズとラルフの間を入っていった所というか、
ラルフとエリア続きで最近できた路面店。
正直、品揃えとかの点に於いてはあまり期待してなかったのよ。
それが、実際は予想以上、人の入りも予想以上(笑)。
僕はファブリック狙いだったので地下へ。
今までイルムスとかアクタスとかBEAMSで海外在庫扱いだった
ものが、反物でそこにある!!
すごい迷ってしまったけれど、とにかく自分内優先順位の上の方に
あったものをいくつか、メーター買い。
って、特に何にしようって決めてるわけじゃないんだけど。。。

ちなみに表参道ヒルズ、開店前から長蛇の列。
なしてそこまで? な感じ。
一応、話のタネに...と入っては見ましたが、おもしろいことに
あれだけ大混雑して人だらけなのに、入っている店舗の中には
あまり人がいない。
みんな、単に”見物”なのね。。。
まぁ元から入っているお店に関しては僕個人的には興味がないし
(とらやカフェは行きたいけど)、その他の細かい施設的な部分を
見ても、色々考えても、僕には悪いけれど騒ぐほどの建築物には
思えなかった。。。ごめんなさい。。。
まず僕は、もう足を踏み入れないでせう。。。

さて、ここまで非常に順調に行っています。
裏原宿のブルターニュなクレープ屋さんでお昼がてら休憩。
そば粉クレープ、めっちゃうまかったっす。
お店も小さいけど、独特ないい雰囲気だったし、スタッフさんもグー。

gouk本店をのぞき(でも、ちょうど欲しいものがなかった...)、
大好きな都バスで新宿へ移動、伊勢丹へ。
新宿の伊勢丹も、なんだか久々だった気がする。

最後はお約束、ベルクで一杯やって〆。
なんだか交通機関的にも、自分の動き的にも、かなりうまくいって
充実してたけど、その分すんごく疲れた日だった。
大福、ものすごい重いし。。。(笑)

その瑞穂さんの大福ですが、実は元々、僕は甘いものが苦手だし、
豆大福というのは特に好きじゃないのですよ。
それが、「うまいうまい!!」の一点張りで(笑)ペロっと食べちゃいました。
餡が上品で、クドい甘さはなく、しょっぱくって、絶品。
また絶対に買いに行く!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。