DESIGNER TALES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
すでに
ケータイが繋がりにくくなってるねー(泣)

んなわけで、紅白飽きたんで、ノゲイラ観てるわけですが。
このまま年越すのか>自分。
それとも昨日ゲットした猿DVD(最後のドーム)を観るか。。。
スポンサーサイト
そして僕らは......
それから、整列退場方式(?)でアリーナへ移動し、順次展示の鑑賞に入る......
とは言っても、その3万以上のほとんどの人がまだ見ていない状態。
この日は8時で終了の予定だったが、どう考えてもそれまでに収まるハズがない。

僕らもそれから2時間以上を待って、やっと展示へ。
それまではタバコを吸いすぎたり、たくさんの話をしたり......
おかげでさっき泣いたこと、彼らが目の前にいたことがますます幻のように
思えてくるし、結局すっかりとバカモードないつもの二人に戻っていた。

ってことで彼らの15年間を凝縮した展示(パネル、衣装、機材などなど)も
ゆっくりとシミジミ感傷にふけりながら堪能する状態では決して無く、
僕はただひたすら
「マリーさんマリーさん!!」
「エマちゃんっ! エマちゃんかわいい! キャー! かわいい!!」
と叫んで終わってしまった気が、しないでもなし(爆)。

途中ではステージの上にも立てる。
僕ら二人はしっかりと真ん中に立ち......
桜舞い散る九段下(今日は水道橋だけど......)夢よ飛び散れ花となれ....
「イエッサーっ!」
を、しかと実行してまいりました。
東京ドームのステージは、正直「あ、けっこうこんな感じなんだね」という
印象だったかな。客電消えてたら、また違うんだろうな。
最大の収穫は、あの電飾(↓とーってもおなじみの、下の写真にあるやつ)を
裏側から見れたことです(ウソ)。すごい配線。。。
だって、もう何年間もこの電飾、(表は)見てきたからねぇ。。。

すっかりやさぐれた僕らは(笑)東京ドームを後にした。
近場で少しだけの時間、クールダウンしてから、電車に乗る。
上野へ向かう相方と東京駅へ向かう僕。
僕らが逢えるのも年内、最後。
「がんばろうね」
「うん、また明日からまた生きていく......」
そう笑い合いながら、秋葉原でおりて行く相方を見守る......

ってオイ!!!!
俺も秋葉でおりなきゃいけないんだってばさーーーー!!!!

って、浅草橋で慌ててUターン。
年内最後のこんなにもステキで辛い日、少しでも長くいたかったのに、
なにアホこいて無駄に......
なんて思ったら、おかしくておかしくて、凍えそうに寒い中、笑えてきた。
さっそくメールしたら......

「今日、日曜日なの忘れて時刻表間違えてみてた!」
乗ろうとしていた電車がなく、上野で30分待ちの目に遭っているらしい(笑)

「お互い、最後の最後でやっちゃったね」
「幻覚見ちゃったせいでおかしいのかな? 参った!」

折り返して秋葉から山手線に乗り、通過する上野のホーム上、電車の中から
相方の姿を探す。
(って、もういないよね)
って、また笑いがこみあげてきた。。。。

ってオイ!!!
上野で山手線乗り換えないと東京駅、逆方向だよ!!

笑えるー。
やっとのことで東京駅にたどり着いて、席に座り、目を閉じる。
でも、さっきからずっとケータイメールのやりとりが続いてる。
それで、思った。
今日も一緒で本当によかった。
彼らの最後の日も一緒にいれて、本当にうれしかった。
ありがとう、って。

涙が出てきて......いつの間にか眠ってしまい.....
フと顔をあげたら電車の窓の外にオレンジ色にライトアップされたでっかい
天狗の顔!!!(爆)
あーっ!! 菊地兄弟地元駅まで来ちまった!!(←乗り過ごし)

泣き笑い。また、相方に報告する。
幻覚のせいだ......幻覚のせい。。。。。

そしてそんな、長いようで短いような、儚い、最期の日が終わった。
そう、終わったのはこの日であって、まだ終わっていない。
色々なことが、僕らのこと、彼らのこと、まだ終わってない。
あの「JAM」は、まだ終わっちゃいない。
20041231223005


会場に静かに響いた「愛の讃歌」。
上映されたヒストリービデオの内容は、僕も相方も「うーん...」かな?(笑)。
もっともっと見たい映像がたくさんある!という意味でね。
でも相方の「でも......この短い時間に入れるながらこういう割り振りになっちゃう
のかね?(笑)」に、とりあえず納得。

当初は、懐かしい映像に相方と振り付きではしゃいで鑑賞!
阿片踊りも「F@CK ME!」もちゃんとやっちゃったもんね(爆)。

けど「SO YOUNG」あたりから......もうどうにもならない気持ちになってきた。
そう、時代から行けば、もうすぐで終盤に届いてしまう。
彼らの元に集う日が......これで終わる、この15年間が終わる......
そう思ったら、涙が止まらなくなった。

そしてステージに見えた、3年ぶりの4人の姿......

次の瞬間、HEESEYがその肩にベースを背負うのが見えた。
「うそ、うそ......!!」
泣き崩れていた。聞こえてきた「JAM」のイントロに、声を上げて泣いてた。

嗚咽と歓声とにに会場が包まれていた。
あまりにも儚いその1曲だけの時間の間、僕は半分パニクってしまっていて
彼らの姿を、この時を自分に刻みつけたいのにそれがままらなない。
その時、フと相方が「大丈夫?」って、自分も涙声で肩を抱いてくれた。

その時、激しくフラッシュバックした。
10年程前、中野サンプラザで泣き崩れた僕に、同じようにしてくれたこと。
あの夜はジャガーの葬式だった。
今日は、THE YELLOW MONKEYの葬式。

会場全体が「JAM」を歌い続けた。
ANNIE、HEESEY、EMMAの音が止んでもう楽器を降ろしてしまっても
みんなは歌い続けた。
「そのまま歌っててください」
そうLOVINは言い残し、僕らを置いたまま、「JAM」は終わらないまま、
彼らは消えていった。
ブーイングに包まれながら。彼ららしい、ラストシーン。

「幻?」
「幻覚見てた?」

ジプシーキングスバージョンの「MY WAY」が流れる会場の中、
僕らは顔を見合わせた。
メカラウロコ15
20041231221049


申年年末、2004年12月26日、東京ドーム。
忘れられないこの日のこと、たくさん考えた事はまた心が落ち着いてから
ちゃんと綴り、残しておこうと思っています。
だから、ひとまず年が明ける前に、この日の日記だけ、書いておきます。


お昼に相方と新宿で待ち合わせ。すぐ水道橋に移動する。
今月はいつもより多く、相方と逢える日があった。そしてこの日もちゃんと
横にいてくれることに、何より感謝する。
だって、コイツがいなければ、今日僕はココにいてドームを目指してなんか
いなかったかもしれないのだから。

こんなに混雑している東京ドームを見るのは久しぶりだ。
独特の雰囲気、外に設けられた物販の凄まじい列の長さに正直、驚く。
(ということで、この時点ではあきらめました......)
その列の前にある大きな画面では、彼らのライブ映像が流されている。
物販でゲットしたブツが入った彼らの名の入った袋を下げて歩くたくさんの
人たち、一目で猿ファンと分かる人たちの群れ。

この時点で僕は「あぁ......」と思った。
もうこんな風景、彼らの名の元にこれだけの人々が集まることは、
これで最後なんだと。

おそらく主催側も予想外だったかもしれない。
そのすさまじい人数に(3万5、6千人と後で聞いた)、なんと入場制限が
かかるという事態になってしまっていた。
そこで僕らはラクーアに向かい、一周。
帰ってきてからも制限は解除されていなかったため、またラクーアに戻り
昼メシをゆっくり取ることにした。

再びドームに戻ると、やはり入場方法が変更になっており、本来自分のチケットに
掲載されているゲートからの入場になっていた。
この時点ではすでに展示が行われているアリーナへの入場は規制されていて、
とりあえず自分の席で2時間ほどビデオ上映を待機するしかない状態に。
席にいても仕方ないので、通路で呑んだくれ&吸い倒れ(笑)状態に。。。

それにしてもスゴい人だ。
そんな人たちの姿を目にするたび、そのへんに置いてある機材やら何やらに
彼らの名前がバミっってあるのを見るたびに、さっきみたいな終末感に襲われる。
大晦日です。
無事に仕事納めし(持ち越す仕事は山ほどだけど...)、休みに入り、
大掃除なんぞしながら大酒を呑みつつ紅白なんか珍しく見ながら
コレを書いているわけです。

なんか、色々なことがあったなー、今年。
決していい事がたくさんだったワケではないけれど、
尊い(ちょっと大げさ?)な気持ちを色々なひとからいっぱいもらえた感じ。

夏ぐらいまではマイナスなことがありすぎて、マジで転職考えた仕事のこと。
スタッフとなったI'M HEREで「黄金の昼下がり」の連載をしたこと。
今年も一緒にいてくれた大事な人たちのこと。
書こうと思って書けなかった新しいお話のこと、相変わらず抱え続け考え続けて
いる僕の中のダークサイドのこと。
あ、このブログ、引っ越ししたこともね(^_^)

今年のまとめ...ってわけじゃないけど、そんな感じで今書いているけれど、
あと書き残る大きなことは、やはり彼らのこと。
これからちゃんと書きたいと思うけれど、ちょっと自分にとって大きすぎて、
中途半端には書けない気もしている。
どっちにしろ、後々ちゃんとコーナーつくってまとめるつもりでいます......。
クリスマスパーティ。
バカデザイン仲間の連中とのクリスマスも酒漬けだったけれど、その前に
毎日のように世話になっている店のパーティがあった。
本当は早くに会社を早退して手伝いする予定だったけれど、急に会議など入り、
思ったように手伝うことができず......本当にゴメンなさい!

その代わり、スタートしてからはずっとカウンターに入って、今年もつたない
ながら、お手伝いさせていただきました。
僕、引退したら(笑)バーをやりたいと思っている人なので
(もしくは、次に生まれ変わったらバーをやる)
その夢が叶う一晩だったりもするのです(笑)。

そんなわけで、お手伝いしながらも確実に自分も呑んでいる数時間。
昨年、一昨年よりかは手際が良くなった気がするのは自分だけ?(笑)

とにかく。今年も本当にお世話になりました。
>マスター&ステキな常連さん&名ホスト・プー氏
来年も、よろしくねん!
そして会社も忘年会。
今年の仕事先の忘年会は、ちょっと趣向を変えてクライアントでもある
とあるフランス料理屋さんで。
といっても、カジュアルでも問題のないお店なのでOKです。
なんてったって酒呑みがそろっているこの会社、普段なら『アジト』と呼ばれる
いつもの店で大爆発してるもんだから......

で、けっこう時間がかかったんだけど(コースだから何かとね...)、
おいしい料理&ワインなどを堪能しまして、
その後2次会で、待ってましたのビリヤード。
僕、ビリヤードって人生2回目でした(笑)。そして見事にハマった、と。
ウチのスタッフで2名、相当な腕の人がいたので指導受けました。
しかし我ながらヘタすぎる。
タッパがあるので、フォームが決まれば都合はいいハズだと言われたけれど
それにしても絵になっていない!
(そのくせに”飛んで”しまったりしてみた。)
こういうのって俺、パワープレイで乗り越えるクチなんだけど、ビリヤードは
そうはいかないのね(笑)。力学......
ビリヤードは今後もできるだけ続ける予定です! 絶対ウマくなってやる!!
今年のナントカ今年のうちに...
12月に入ってからはそれこそ仕事もオフも大忙し、体力勝負な一ヶ月。

中盤は、1年越し(もっとかな?)で2号車8班3番テーブル(またの名を
KKB株式会社)の忘年会を実現させた。
283は、魔の海を超えて異国の空の下......我が故郷ロンドンで出会った仲間で
結成された最強の仲間たち。
そのコアメンバーである僕、相方、Jちゃん。3人だけだったけれど、お互い
がんばって都合をつけて、久しぶりにゆっくり時間を過ごすことができた。

恵比寿で待ち合わせし、そこから渋谷まで散歩。
このあたりは数年前も寒い日の明け方、みんなで散歩した。楽しいんだよね。
色々積もりすぎた話が崩れだしてしまって。
渋谷についてから、あっちこっちお店みたりして、その後に前々から気になって
いた某店へ。なんていうか、ある意味、ゴスな分野の人々のたまり場(?)に
なっていないでもない店。
しかしこの日、特別僕らはゴスしてなかったし、僕はちょっと仕事モード入って
色々冷静に観察してしまったりで、結局は落ち着けず(笑)。
この店は、やっぱそれなりに気合い入れた方がいいのかな。

で、その後入った普通の居酒屋でやっぱり爆発(笑)。
俺ら、やっぱこういう方があってるのかなあ?

とにかく。
本当に久しぶりに逢ったというのに、昨日も一緒に遊んでいたかのような
このメンバー。これって貴重な存在だなってちょっとウルッとしながら。
忙しすぎた毎日、ちょっと苦労して会社サボったかいがあったというか、
そんなん問題にならないぐらいステキな日だった。

PS
居酒屋が似合う柄の悪いただのオヤヂ集団である僕らのこの日の名言。
「ねぇねぇ、ウチら、「ロンドンで出会って結成しました』って
 かっこよくね?」
 ↑事実ですから。
猫だるま!
20041231193929
っていうか、これじゃ犬?! 久しぶりの積雪で年甲斐もなく(^^;)はしゃいでしまいました。
大雪!
20041231155730
今年最後の日、見事な積雪! さすが天狗の里!? 屋根の上はすでに15センチ強はあるかなあ? KORN聴きながら大掃除中です(^^)v
さっそく...
そんなわけで早速、カテゴリーのことなど。

今までは“デザイナーの裏日報”というテーマで、仕事上の話のみ業界用語(?)の
説明も無く書いていましたが、今後は以下の4つ分けて実験的にやっていき、
様子を見たいと思っちょります。

1)稀に提出する裏・業務日報
  今までやってきたものと同じカテゴリーです。
  上にも書きましたが、この業界特有の言い回しなどの説明はしませんので、
  ご了承下さい。同業の方は楽しんでね(笑)。

2)デザイン屋の頭の中
  直接やった作業の事ではないけれど、この仕事をしている上で時々、
  マジメに考えたりする事を書いて行きます。

3)デザイン屋の裏仕事
  所属してる事務所以外でのデザイナーとしての仕事の話。

4)デザイン屋の日常
  仕事とは関係ない、オフの日の事とかその他バカな話を。


3)をやるようになるにあたって、これから当サイトのBBSをどうすんだ?って
感じなんだけど、それも含め、もうちょっと平行させて、検討するつもりです。

何はともあれ、今後ともトラバ、コメント大歓迎です! よろちく!
引っ越し完了しました。
皆様、お久しぶりです、ルルでございます、こんばんわ(笑)

てなわけで、当blogの引っ越しもとりあえず無事に完了しました。
以前のblogにも書いたんだけど、コメント等完全ではありませんが、
過去ログをほぼ移動してきました。
トップページからのリンクも修正済です。
(旧blogへのリンクも下の方に小さく、しばらくは残しておきます)

今回からカテゴリー分けなどもしてるんだけど、それについてはまた
改めて書きたいと思っておりまする。
それと、引っ越し作業中には全くエントリーしてなかったのよね。
その間にたくさんのことが起きたので(笑)、そういうのもまた、
順を追ってこの年末年始に書いていくつもりです。

それではひとまず、ご挨拶まで。。。
修行中。
“自分の製作物は取っておく”という話だけど。
もちろん、日々の反省材料でもあるし、転職しようともなれば、僕らに
とっては面接の必須アイテムになるわけだし。

でもね、例えば......初期のものとかになるとさ、自分でも
「やっちゃってるなぁ。。。」みたいな、ヒドいものも多いよ(笑)。
技術の無さってのが一番の理由だと思うけれど、今更反省しても、
それってもうとっく世の中に出てるワケだからね。。。
当時のクライアントさん、ゴメンナサイ(笑)。

もちろん、今になってからも、
「ここ、もう少しどうにかなんなかったのか>自分!」みたいのある。
デザイン自体がそういうのもあるし、細かい所...例えば行ゾロエとか
そのへんがズレてるの平気で下版しちゃってたりね。
そういうの見ると、けっこう落ち込む(笑)。まぁ、だからこそ、
次からはこうしないようにしなきゃ、って実感として持てるんだけど。

その技術が無いっていう部分、最近、思うコトがあった。
今の事務所に来てから......日々、色々と習得してって、
まぁ一応、一人でやっても世に出せるものが出来るぐらいにはなった。
ある程度の問題とか難問も、自力で解決できるようになった。

そしたら...忙しさを理由にして、それより上へ行く努力をしなくなってた。
もちろん進歩目覚ましいこの世界(笑)、日々アンテナはってる情報とか
覚えざるを得ない(この言い方ってナンだな)新しいアプリとかはある。
けど、手足のように使えるようになったイラレやホトチョップとか、
そういう部分に関しては、本当に勉強しなくなった。

特にホトチョップね。
実は先日、ちょいと難しい課題があって。パッと見、僕が使える技術で
普通に対応できると思えた。でもそれが、実はとても奥が深かった。
とにかく、どうしていいのか分からないっていう状況、久々で。
でも同僚(先輩)に相談したり、やっているのを見たりすると、
僕が知らない方法を使って解決したりするんだよね、これが。

まぁ、色補整とかに関わる部分の話なんだけど。
で、本当にその時は落ち込んだというか、ズドーンと来てしまって。
「なんだ、俺ってダメダメじゃん、全然使えねぇじゃん!」って......
その時に思ったのよね。
んな落ち込んでたって、それって全部テメェのせいだろうが!って。

だからね、それからは少しずつ時間見つけたり、日々の制作作業の中で
勉強してみたりしてる。まだまだだけど、特にこういう仕事ってのは
場数踏むのも大事なことだから、地道にやってみてる。
(肌の)調子ヨロシ。
相変わらず色々な毎日ですが。
今日は比較的、色々とスムーズに行ったんじゃないかな。
でも年末が近いせいか、ここの所とっても“緊急で飛び込み”的な依頼が
多いので、今イチ落ち着かんのです。

何度か色々なものを手掛けさせてもらっている某ショップさんとかも
今になってクリスマスカードの仕事持ってきたし!
もちろん納期がタイトなものなので、昨日夜から初めて、今日の昼には
FIXさせましたわ。ふーぅ、飛ばしすぎだぁ。。。(泣)

それから、相変わらず途切れず来る化粧品関連メーカーの仕事はまだまだ
たくさん残ってる。

で、散々制作に関わっていたせいか、だんだん自分も欲しくなってきて...
先日、買っちゃいましたよ、商品(笑)。
フェイスケア系のものね。おかげ様で今日はお肌の調子が良くって良くって!
まぁ、元から試供品とか資料で一杯もらってたのを使ったりしてみてたから
良いのは知ってたんだけどね。

でも笑った、というか買ってよかった! ってのがもう一つ。
ここの案件、ほとんどがデータ納品なのです。クライアントはそのデータを
ウチとはまったく関係ない現場に入れて印刷している。
(見積もり上、地方の業者さんには敵わない。。。部分が多々あるのです)
つまり、僕の所に印刷された完成品が届いてこない!
制作者としては、やっぱり印刷結果が気になるし、チェックすべきものだよね。

それが今回購入したら。
商品と一緒に、色々カタログが同封されてくるのですが、その全てが、
僕が制作してデータ納品したものだった!!
「おかえりーっ!!」って、思わず笑ったもん(笑)。

でも、結果が見れたし、こうやって機能してくれているんだってことが
改めて実感できたし、やっぱりうれしいなーって。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。